雪谷の家

 
 

細長い居住棟とガレージ棟が南を向いて並ぶ平屋の住宅。

北国のか弱い太陽の光でも採光、通風、発電を合理的に行うため、棟の間を雪の谷としています。寒い地域での暮らしと太陽の繊細な関係を追求しています。

太陽の光を受けて暮らす

(リプラン青森vol.1掲載/ 新建築住宅特集2016年6月号掲載)

(第8回JIA東北住宅大賞2014 優秀賞受賞/日本建築家協会優秀建築選2016)