山形の家

 

新建築住宅特集2018年4月号掲載/リプラン東北vol.60掲載)

(東北のデザイン住宅2018掲載/日経アーキテクチュア2018年6月14日号掲載)

 

透明さの実現は同時に熱損失との戦いでもあります。ここでは「開口を反復する」ことで熱損失を半分以下に抑えながら透明度を高めています。雪と寒さのために閉ざすのではなく冬の美しさも取り込むような透明な空間は、北国の暮らしをもっと豊かにしてくれると思います。

北国で、透明であるということ