平川の家

 
 

細長い平行四辺形のような敷地に合わせて部屋が雁行しながら連なっていく。ずれた通路は少しのスペースを生みだして、家族共用のワークスペースや洗面スペースとなる。空間が折れてずれるたびに視界が切り替わり、住宅はプライベート性が少しずつ増していく。

雁行することで生まれる空気感の差