浮舟の家

 
 

2階にあるリビングからの眺めはどこかの客船の甲板のようだった。住宅地という静かで、いろんな視線を含んだ海を、東側の緑に船首を向けて進む船。浴室を中心にひとまわりできる回遊性は水周りをコンパクトにまとめると同時に2階の空間にありがちな閉塞感を減じている。

進むべき方向に、凪の海をゆっくりと進む船